タオバオさくら代行

タオバオ通販の代行で好評を博している業者、タオバオさくら代行の特徴や各種の料金、口コミなどについ紹介していきます。

タオバオ通販で評判、タオバオさくら代行とは?

初心者でもはじめやすい、確立されたフォロー体制

タオバオさくら代行は国内では東京・北区、中国では浙江省金華市に拠点を構えており、日本人と中国人の双方が代表者を務めている業者になります。
タオバオの代行業務はもとより、OME商品の注文サポート業務やモデルを使用しての商品撮影代行なども手掛ける業者になります。
ホームページでは、タイバオ利用初心者向けのレクチャーといったコンテンツも展開しています。

リーズナブルな代行費用

サービス面の特色は、オーソドックスかつ費用が安めという趣になります。為替手数料は人民元為替レート1元につきプラス1円。代行手数料は商品代金2,000元以上で代金の3%、2,000元未満の場合は一律120元となっています。中国国内送料は基本的に実費用(10元~20元程度)となっていますが、これも商品代金2,000元以上の場合は最安値まで同社が交渉するとの旨が記載されています。

EMS料金に関しては、同社は中国郵政とEMS国際送料の割引契約をしており、中国から通常料金で国際配送を頼むよりも、かなりお得な送料で日本に輸入することが出来ます。
例えば通常のEMSの場合、500gで78元、1kgで98元、5kgで258元、7kg~11kgで355元となっており、割引率は確かに高めと言えます。さらに、11kg以上で配送地域対象内の場合に利用できる優遇EMSでは、よりお得な料金も設定。EMSで送れないような大きな荷物の場合でも、船便などで対応可能としています。

フルフィルメント配送サービス対応あり

AmazonFBA利用者向けのフルフィルメント配送サービスにも対応。
その場合は、デポジット(預かり金)として10,000円、通常FBA用商品ラベルが1枚につき1.8元から、通常FBA用納品ラベルが1枚あたり35元といった具合です。ただし、依頼者が自らFBAに登録+納品したことがある商品のみに限られるとしています。
また国内送料も上記のEMS料金とは異なり、500gで95元、1kgで113元、5kgで257元、10kgで427元といった具合です。

利用者の声

ふきだし「手数料が比較的安めなのに、レスポンスは速いと感じます。また、こちらの注文と違う品が届いた際も、検品と出品者とのやりとりをキチンと対応してもらえました」
ふきだし「代行手数料の安さに惹かれ、質問や依頼への対応もそこそこ速いと思います。ただし、注文する品物によっては、手間取ったりするようなケースもありました」

タオバオさくら代行の基本情報

運営会社:合同会社万和通
本社:東京都北区西ヶ原3-54-1 2F
中国事務所:浙江省金華市義烏市前成43