タオバオ便

中国家具の輸入代行で評判を博している代行業者、タオバオ便の特徴や各種の料金、口コミについてまとめています。

中国家具の輸入代行で評判、タオバオ便の口コミなどは?

買い手からの評価が高い

タオバオ便は秋田市を本拠とするサポートECジャパンによって運営されています。
2013年1月の時点(サービス開始から2年とのこと)で、タオバオの買い手の評価が10,000件以上あります。
また、一般的なEMSで運搬する商品群の他、大型家具や建材部品、自動車部品、バイク部品、自転車などの輸入サポートなどでも評判が高いです。

初心者さん安心のレクチャーサイト

タオバオ利用初心者向け専門サイトも運営しており、輸入できないものや、輸入すべきでない商品のレクチャーもしています。
例えば、ブランド品はメーカーの保証が適用されないためすべきでなく、そもそもが海賊品や偽物である可能性が高いことを警鐘。同様の理由で、ロゴマーク入りの商品も避けるべきといった具合に、サイトでは書かれています。こうした対応も、利用者から評価されているようです。

割引や配送サービスあり

代行手数料が0円と魅力的。ただ、為替手数料を固定しておらず、中国銀行発表数値を元に、商品代金の見積として表示される方式をとっています。タオバオ出店者から同社の北京物流拠点までの中国国内配送料は、この代金に組み込まれるとのこと。

国際送料に関しては、個人輸入(EMS)の通常料金の50%割引があります。500gで90元、1kgで120元、5kgで270元、10kgで470元などとなっています。なお、1辺が2m超となる商品の場合は、別途追加料金が必要とのこと。なお、商業輸入による配送については記載が見当たりませんでした。また、AmazonFBA利用者向けのフルフィルメント配送サービスに関しても特に言及されておらず、対応しているかどうかは要確認となります。

利用者の声

ふきだし「はじめて、タオバオから購入することになり、不安はありましたが、色々わからないことを丁寧に教えて頂きました。 特に、コピー商品など輸入出来ない物は、この理由で出来ないというのは勉強になりました」
ふきだし「タオバオの出店者とのトラブル、税関でのトラブルという二重の面倒なことに対して、最後まで丁寧かつ親身に対応していただけ、大変助かりました」

タオバオ便の基本情報

運営会社:サポートECジャパン
本社:秋田県秋田市広面字樋口9-28
中国拠点:記載なし(北京空港敷地に隣接した設備を保有との記載あり)