タオバオ新幹線

タオバオ購入代行で好評を博している業者「タオバオ新幹線」の特徴や各種の料金をまとめています。

タオバオ購入代行で評判の業者、タオバオ新幹線の特色とは

豊富な代行依頼実績

タオバオ新幹線は、タオバオ代行業者としてすでに6年の事業歴を有し、代行依頼実績においても月間約500件という実績を誇っています。

こうした実績を残している背景として、同社は日本と中国の双方に事務所を有しており、当然ながら日本人と中国人のスタッフを擁しています。
タオバオ代行業者の中には、日本国内の事務所がない、中国人スタッフのみで運営というところも多いのが現実。その点、タオバオ新幹線のこうした体制は、利用者にとっても大きな安心感をもたらしていると言えるでしょう。

依頼者が安心する、きめ細やかな対応

サービス面でのきめ細やかさという点でも、高い次元にあります。同社では、日本と中国間にてSkypeでのチャットを利用したやりとり・ネットワークを確立しており、土日も営業対応が可能
すべて日本語での対応が可能なので、中国語に自信がない方でも全く問題ありません。リアルタイムで商品・在庫の確認をし、注文・発送をおこなってくれます。

さらに同社ではタオバオで仕入れ、日本のオークションやネットショップなどで販売された商品リストをメルマガやFacebookで公開しており、お買い得品やおすすめ品などの商品情報を発信しています。
検品体制とユーザーへの配慮が徹底されており、商品に不備があった際には速やかに対応してくれ、アンケートを行い、システム面やスタッフ対応の向上に力を入れているそうです。

AmazonFBA(フルフィルメントby Amazon)利用者向けのフルフィルメント配送サービスも実施。
タオバオ新幹線から、直接AmazonのFBA倉庫への配送や、指定のラベルの印刷・はり付けなども依頼できますし、倉庫スペースが不要なため、転売作業が容易に行えます。
また、複数の配送先に配送も可能で、Amazon以外のネットショップと組み合わせての利用も可。月額固定費なしで代行手数料15%で利用できるプランと、固定の月額利用料を支払うことで、専用システムやコンサルティングが利用できるコースが用意されています。

リーズナブルな代行費用

手数料や費用の面でも同社は魅力的。まず、為替手数料は人民元為替レート1元につきプラス1円。これは業界でもトップレベルの安さと言えます。
代行手数料も商品代金9,000円以下の場合は980円プラス税、9,000円以上の場合は商品代金の9%プラス税と、こちらもなかなかリーズナブル。

また送料に関しても、個人輸入(EMS)では最初の500gまで通常180元のところ、半額の90元とするサービスを実施(500g以降は、500g増えるごとに20元追加)。商業輸入の場合は最初の500gまで65元、500g増えるごとに18元追加といった具合です。

利用者の声

ふきだし「問い合わせのメールへの返信や在庫調査の返答がとてもスピーディで、内容も丁寧です。ちなみにiPhone用のカバー14個の依頼に対し、依頼から発送まで1週間程度でした」
ふきだし「日本人の担当者がついてくれ、こちらの質問や問い合わせにも丁寧でスピーディに返答してくれます。またトラブルなどの際もキチンとフォローしてくれるので、その点も安心です」

タオバオ新幹線の基本情報

運営会社:株式会社BUSHIDO
本社:福岡県福岡市中央区大名2-10-1 A-411
東京事務所:東京都港区南青山2-2-15ウィン青山14F
深圳事務所:廣東省深圳市羅湖區委正對面聯興大廈北座12樓1211
南通事務所:江蘇省南通市崇川区崇川鐘秀鐘秀東路48号南通郵政速逓物流