淘太郎

淘太郎(タオバオ購入の代行業者)の特徴や各種の料金、利用者の評判などについて取りまとめてご紹介していきたいと思います。

タオバオ購入の代行業者、淘太郎はいかに?

淘太郎は中国・浙江省を本拠地とする、金旭国際貿易有限公司 ゴールドバッハ株式会社が運営するタオバオ購入の代行業者になります。淘太郎という名称は、Facebookをはじめ、インターネット上にも広告を積極的に展開していますので、見覚えのある方もいるのでは。

代表は日本人が務めており、長年貿易関係に携わってきたという経歴の持ち主。タオバオ代行業務はもとより、OEM作成や中国の工場への部品製作依頼といった依頼のサポートまで柔軟に対応できると紹介されています。またこれまで築き上げてきた人脈やネットワークを駆使して、発送に関するサポートにも長け、トラブルが起こった際の対応力も高いとされています。

そんな淘太郎、サービス面の特色としては、為替手数料が三菱東京UFJ銀行発表人民元 TTS レート1元につきプラス0.5 円。これはなかなかに注目な数字です。また代行手数料は商品代金に関わらず一律5%。また会員定額制プランというものも用意されており、ひと月あたり3万円というもの。月あたりの購入が60万円以上となる場合は、こちらの方がお得です。

一方、同社では、タオバオ出品者から同社中国拠点に発送されてきた商品の検品作業に関してはオプション扱いとなるとのこと。

一出品者からの発送に対し2.5元で、梱包を開梱しおかしな部分が無いか確認、簡単な修正には対応してくれます。
また、その他にも、織ネーム縫い付け1枚あたり2.5 元。下げ札取り付け1枚あたり1 元といったオプションも用意されています。加えてAmazonFBA(フルフィルメントby Amazon)利用者向けのフルフィルメント配送サービスも対応しており、その場合のFBAラベル貼りは1枚あたり0.5 元とのこと。

国際送料に関しては、OCSとEMSに対応。フルフィルメント配送の場合はOCSが利用されるとされています。料金はOCSの場合、500gまでが75元、1kgで90元、5kgで210元、10kgで360元。EMSによる航空便の場合は500gまでが76元、1kgで92元、5kgで193元、10kgで333元と、重量が一定以上でフルフィルメントを利用しない場合は、こちらの方がリーズナブル。中国郵政船便も料金例が記載されており、1kgまでが146元、5kgで200元、10kgで267元となっています。なお中国国内輸送に関しては、案件ごとに個別見積となるとされています。

利用者の声

ふきだし「以前利用した代行業者に詐欺被害を被ってしまった経験がありましたが、こちらはビジネス仲間からの紹介で、キチンとしている業者さんで安心できました」
ふきだし「手数料の安さやレスポンスの速さも魅力ですが、中国におけるビジネスのノウハウに精通しており、大口の取引も安心してお任せできます」

淘太郎の基本情報

運営会社:金旭国際貿易有限公司 ゴールドバッハ株式会社
日本事務所:記載なし
中国事務所:浙江省义乌市稠州北路999号国貿大厦715