購入品を日本のショッピングサイトで売るには

中国での仕入れ品の転売にあたり、amazon、楽天、ポンパレ、yahooなどへの出品方法について紹介していきます。

中国仕入れ品の転売、amazon、楽天、ポンパレ、yahooなどへの出品方法

タオバオという安さと品揃えの豊富な場所から商品を仕入れたら、次はその商品の転売です。
小売店を運営している方などはさておき、一般の方が転売を行うには、それこそ日本国内のネットショッピングサイトへの出品というのが現実的です。

そのうち、タオバオでの仕入れ品を転売する場として人気なのはamazonとヤフオクが双璧。楽天は個人での出品が前2者よりは容易ではなく、またポンパレは元々がクーポンサイトである出自のため、さほど利用率は高くないようです。

ではamazonとヤフオクについて、それぞれの特性をより詳しく見ていきましょう。

ヤフオクの特徴

まずはお馴染みのヤフオクから。ご存知の通り、ヤフオクを利用する場合、出品のための写真撮影や説明文作成、さらには落札されたら落札者とのやりとりなども自身で行う必要があります。
これは、後述するamazon のFBAに比べると、手間暇がかかります。

正業をお持ちの方の副業として行うには、なかなかに大変です。しかしながら、ヤフオクには、中国仕入れ品の落札額(つまり販売価格)がamazonでの販売額よりも高くなるという傾向があり、またamazonでは売れなかった商品も、ヤフオクでなら売れるといったケースも往々にして見られます。これは、amazonに比べ、ヤフオクの方がよりニッチな商品を求めて訪問してくるユーザーが多いということの現れと思われます。

Amazonの特徴

一方、amazonを利用するメリットは何といっても、FBA(フルフィルメントByアマゾン)というサービスが用意されている点です。これはamazonへの出品者に対して、amazonが商品を預かって自動的に販売・発送・代金回収・カスタマーサポートをしてくれるというもの。
さらには、タオバオ代行業者の中にも、このFBAに則ったサービスとして、依頼者が注文した商品を、依頼者の自宅ではなく、amazonの倉庫へ直接納品するというサービスも行なっています。
このシステムを利用すれば、正業で忙しい方でも、わずかな手間だけで販売を行えるという訳です。

なお、補足情報としては、商品仕入れの際に、日本で高く売れる商品をいかに見極めるかというのが重要になってきます。
実際、タオバオで売られている商品がamazonでは数倍から10倍近い値段で売れるということも珍しくありません。かといって、当てずっぽうや勘だけで仕入れ商品を選ぶのは禁物。それこそギャンブルにお金をつぎ込むようなものです。
例えば、タオバオとamazonで価格差のある商品をリサーチするソフトやそうした商品を探すためのマニュアル本などもありますので、参考にしてみるとよいでしょう。ただし、それも絶対ということはありませんので、くれぐれも盲信は避けてください。タオバオを利用したビジネスは、実に奥が深いものです。